運行管理システムはこんなにメリットがあります

物流業界は長い歴史の中であまり事業として重要視されてこなかった背景があります。企業向けの物流事業は昔から存在しましたが、個人向けの物流事業の歴史は浅く40年ほどしかありません。それ以前は個人向けの物流はビジネス的にコストはかかるものの利益が薄く、事業として成功しないものと考えられていたからです。そのため過去の個人物流は国鉄が行っていたもの郵便事業の一環として行われていたものの二種類のみでした。両社とも国の管轄する事業であるためサービスの品質は悪いものであったのです。そして民間の物流会社が個人向けの物流を開始し始めてから右肩上がりに需要が伸びるようになり、国鉄は個人物流事業から撤廃、郵便も宅配事業を本格的に見直すなどの抜本的改革に追い込まれているのです。

物流の運行管理システムが、物流を進化させている

しかし個人物流事業は単価が低いこともあり、事業として利益を出すためにはそれなりの工夫が求められています。最近までは運行管理システムなどを行わず手で集荷から配達まで行っていましたが、すでに荷物の数はインターネット通信販売などの需要が大きくなった背景もあり、手作業では追い付かなくなっているのです。適切な配送管理ができなく売上逸失やコスト増になったり、ドライバー不足、在庫管理のロスが発生、非効率な作業、非効率な経営などにつながっているのです。そこで大規模な物流ターミナルを構築するとともに物流の運行管理システムが導入されています。これにより人に頼らない物流計画の策定ができることや業務コストの削減、さらに業務の効率化につながっており、翌日配達や現在においては当日配達を可能にするなど物流は心かを遂げるようになったのです。

コスト削減や、物流プロセスの改善に寄与している

日本の物流の9割近くはトラック輸送が占めています。しかしターミナル間の物流のコストなどが多く、経営を圧迫してきました。しかしシステム化することによって効率の良いターミナル間物流を実現することができるようになったのです。配送実績データなどを蓄積し繁忙時と閑散期に不足や余剰を発生させない管理が可能になっているのです。入出荷情報や在庫情報もコスト削減寄与しています。オンラインでリアルタイムに管理することは、大手通信販売業者などのコストを削減します。人件費や在庫保管料などを削減させることでより消費者への還元を高めることができ競争に勝つことができるのです。物流のプロセスは携わっている人しかわかりにくいデメリットがありました。その部署のどの部分で工数がかかっているのかがわかりにくいこともあることが改善されたのです。