運行管理システムについてのわかりやすい説明

運行管理システムは鉄道などの交通機関ではなくてはならないシステムの一つです。特に鉄道においては、集中制御センターなどの管理システムを管理する拠点が設置されています。この管理システムが正常に機能することで過密ダイヤの中でも正確にダイヤ通りの運行を可能にしているのです。かつて鉄道は、人力で運転していました。運転士がいることは今も変わりないのですが、ポイント分岐などの操作はすべて人の手で手動で行っていたのです。そのため単線区間などの列車が一編成しか侵入できない区間においては、タブレットなどの道具を利用して安全管理を行っていたのです。しかし鉄道の需要が増え、人の力で対応しきれなくなったこともあり、これら管理を自動で行うように変化していきました。そして現代においては管理システムがすべてを管理しています。

過密ダイヤを可能にしたのも運行管理システム

在来線や新幹線で、優等列車である特急列車が、普通列車や快速列車を駅で追い越す光景が頻繁に行われます。待避線であるホームに普通列車を停車させ、通過線や通貨ホームを優等列車がものすごいスピードて通過する光景は日常的に行われています。このシーンも運行管理のシステムがすべて制御しています。待避線に入ったのちにポイント分岐をすぐに切り替えます。そして優等列車通過後にまた待避線にポイント分岐を切り替えるのです。この切り替え作業は人力で行うより早いタイミングで行う事ができるため、列車の追い越しシーンはスムーズに行われ、普通列車の待ち時間も削減させることができています。ダイヤグラムを事前にコンピュータに登録しておくことでこれらの作業は24時間すべて自動で行われる仕組みになっています。

運転士いらずの運転が可能になる仕組み

更に運行管理システムは液の表示板や列車の信号機などにも連動しています。更に車両に設置された運行スケジュールをデジタル化する事にも役立てています。これは紙の時刻表を見ながら運転するのではなく、列車のシステムに自動的に同期をとる仕組みになっていますので、列車の遅れなどを運転士が把握できるようになっているのです。これと同時に集中管理センターにも情報が行くため、列車の運行状況を運転士と共有することが可能になります。更に発展すると運転士の必要性はなくなります。列車の運転自体はすべてを自動化することが可能になるのです。結果、乗客の安全確認の意味合いでの乗務員が必要になるだけで、運転自体はすべて自動で行われます。すでに実用化している路線も多く、これらはワンマン運転にも活用されているのです。