運行管理システムは必要不可欠です

交通機関にける運行管理システムを導入していない企業はほとんどありません。規模が大きくなればなるほどこのシステムは重要になってきます。正確性が特徴である日本の交通機関を支えているのは運行管理システムです。このシステムが人間ではできない管理を24時間体制で行う事で常にダイヤ通りの運行を可能にしているのです。交通機関は遅れなどの発生によりマヒすることがあります。しかし運行管理はこのマヒ状態のの支障を最低限にしてくれる機能を持っています。そのためどんなトラブルが発生しても復旧見込みなどのめどを立てることが可能になっています。鉄道やバス、地下鉄などはもちろんの事、航空機やタクシーなど様々な交通機関に用いられています。それぞれの管理は集中センターにて管理する方法が採用されています。

運行管理システムは安定した運用を行うために必須

時間通りに運行することが求めっれている鉄道では、運行管理は集中センターで管理されています。地下鉄などは制御センターなどが設置され、そこですべての運行状態を見守られています。定時運行されていないトラブルが生じるとそれを回避する為、後続を含めすべての車両に指令が自動的に出されるようになっているのです。指令後の操作は運転士によって行われますが、新幹線など一部の交通機関では車両が自動的に制御をかける仕組みになっています。これを発展させた例が自動運転です。運転士が存在しない状態で車両の運行を可能にしているのです。日本が開発したこのシステムは世界中の交通機関で採用されるようになっており、自動運転化も各国で既に稼働しているのです。日本でも一部の鉄道が自動運転されコスト削減につながっています。

複雑な管理システムを持つ航空機運用

バスなど他の交通機関と併用して路線を使用する場合の運行管理は難しくなります。バスがどの程度で到着するのか今の位置情報をGPSを利用して乗客などのお知らせする仕組みはすでに稼働していますが、遅れの予想をつかみにくいデメリットもあります。遅れが発生することで、折返しなど次のダイヤにも影響を及ぼします。代替車両を出すかどうかの判断にもこの運行管理は利用されています。乗客に満足して利用してもらうためには必要不可欠なシステムになっているのです。一番複雑に稼働しているのが、航空機です。航空機は単独の運行管理ではなく空港と連携を取ったシステムが必要になります。登場するまではカウンターや保安検査場など様々なルートを通過します。乗客がどのポジションにいるのかを瞬時に判断する必要があるのです。